フィッシャーベア トップへ / 北海道の釣り対象魚 / 海水のお魚

エゾメバル

カサゴ目フサカサゴ科メバル属
英名:White-edged rockfish
学名:Sebastes taczanowskii

エゾメバルは、主に岩手県以北の東北地方から北海道沿岸の岩礁域に多く生息していて、まれに汽水域で見かけられることもあります。小型の魚類や甲殻類を餌に約2年ほどで成熟し、体長25cmほどになります。5~6月にかけてが産卵期ですが、他のメバル類と同様に卵胎生で、秋頃に交尾を行い卵を体内で受精させ仔魚を産み落とすという生態を持っています。

北海道では群れをなして「がやがや」と沢山いることから「ガヤ」とも呼ばれていますが、味が本家のメバルより劣るとされているせいか、ソイやアイナメ釣りでの外道として扱われています。

ブログランキングのに参加しています。
にほんブログ村 釣りブログへ 人気ブログランキング




フィッシャーベア Copyright (C) hiro. All Rights Reserved. Powered by Movable Type