フィッシャーベア トップへ / 北海道の釣り対象魚 / サケ・マス類

シロザケ

サケ目サケ科サケ属
英名:Chum salmon (Dog salmon)
学名:Oncorhynchus keta

シロザケとは日本で一般的にサケと呼ばれ親しまれている魚ですが、北海道では「アキアジ」とも呼ばれております。また、産卵前の婚姻色が出る前の銀色のものを「ギンケ」、婚姻色が出たものを「ブナ」、産後のものを「ホッチャレ」と呼ぶなど、状態によってもさまざまな呼び名があります。生まれた川に戻って産卵する回帰性はサケの有名な習性です。

北海道では9月から11月上旬ごろまでが釣りのシーズンで、遡上を控えた体長は約70・80cmほどまで成長し、中には1mに達する個体もいます。針掛かりすると激しいファイトを見せることから、投げ釣り・ルアー釣り共に人気のある対象魚です。しかし河口付近等における釣りには採捕禁止区域が定められていて、河川では「有効利用調査」以外では全面禁止ですので釣り場選びには注意を。

ブログランキングのに参加しています。
にほんブログ村 釣りブログへ 人気ブログランキング




フィッシャーベア Copyright (C) hiro. All Rights Reserved. Powered by Movable Type