フィッシャーベア トップへ / 釣りログ 釣行記

釣りログ 釣行記

7月8日 紋別港北防波堤・第3埠頭カレイ投げ釣り

紋別港北防波堤前回第2埠頭で良型のクロガシラを釣った事に味を占め、またまたやってきたのは紋別港。

今回は大物クロガシラの上がった北防波堤に釣り座をかまえました。

塩えらこを餌に、仕掛けを投げること数分後…

マガレイ早速手のひらサイズのマガレイが。

こりゃあ幸先のよいスタートだとおもいきや…この後一時間後くらいにもう一匹同サイズのマガレイが釣れた後、魚信が途絶えてしまいました。

カジカそこで毎回の事ながら登場するのがブラー。岸壁近くを探るとすぐにソイ・カジカ・アブラコの小さいのがちょっかいを出してきます。

ちびっこなのになかなかのファイトです。

紋別港第3埠頭でも型が良いのには恵まれなかったので場所を移動。カレイの良ポイントである第3埠頭で狙ってみることに…。

…しかしすでに昼近くということもあって魚信は全く無く、なんとか手のひらサイズのマガレイが釣れたのみ。結局この日は手のひらマガレイが3匹という結果でした。

6月は好調だった紋別港のカレイ釣りも、そろそろ夏休みといった感じでしょうか。

7月1日 紋別港第2埠頭カレイ投げ釣り

紋別港第2埠頭今年初めてとなる紋別の釣行。
とりあえず過去の実績から第2埠頭に釣り座を構えました。

日曜の昼過ぎということもあってか、釣り人も少なく場所は取り放題。

それにしても7月に入ったというのに、オホーツク海側は寒い!曇りで太陽が出てないと一気に冷えます。

仕掛けを投げ込んでから30分ほど経った頃でしょうか。

ふと竿を見ると、竿先がゆっくりとしなっていくのに気が付きました。

波ならゆっくりとまた戻るはずが…

…戻らない!?

どんどん竿先はしなっていき、明らかに何かがひっぱていると思われるぐらいになりました。

様子を見ながら竿に手をかけようとすると…

激しく竿先が引き込まれます!

なにかでかい魚が掛かったようです。

リールを巻いている最中も重い手ごたえが伝わってきます。

そして見えてきたその魚体は…

クロガシラ

良型のクロガシラです!紋別港で釣ったカレイでは間違いなく一番の大きさ。

クロガシラ2

サイズは30cmジャストでした。

この後、バランスを取るかのように釣れた極小クロガシラの他は何も釣れず、納竿となりましたがようやく良型カレイを上げることが出来て満足な結果でした。

クロガシラのお刺身煮付けか刺身か迷いましたが、お刺身で頂きました。

自然の恵みに感謝

たにさんも北防波堤近くで大物クロガシラを上げたようで、同港には良型のカレイが多数潜んでいるかもしれません。

6月30日 留萌港マメイカエギング

深夜からの出動です前回の釣行で初マメイカを釣った事に味を占め、今週も留萌港へ単身マメイカ様を狙いに向かいました。

ところが古丹浜埠頭に着いてみると、釣り人は少ない様子…

投光器を使いウキ釣りしている方で、数杯上げているのは確認しましたが

…なんか嫌な予感が…

深夜からの出動です案の定、夜明けまでがんばってみたものの見事撃沈。

夜中なのに投光器の釣り人2組が諦めて止めた時点で撃沈フラグは立ってましたがね…(笑

回遊魚はタイミングですね…。

6月24日 留萌港三泊埠頭・古丹浜埠頭マメイカエギング

留萌港三泊埠頭・古丹浜埠頭マメイカエギング去年から数回チャレンジするものの、なかなか釣ることができないマメイカを狙ってやってきたのは、留萌港のマメイカポイント三泊(さんどまり)埠頭。

今回は魚狩団として出動です。

この三泊埠頭ですが、外国船が入っていると立ち入り禁止となります。また港内の石炭置き場の影響で、釣り場はほぼ石炭粉にまみれてます。雨などで石炭粉が水分を含むと、釣り道具や靴などが非常に汚れますので入釣される場合はご注意を。

さて、場所を運良く押える事ができた我々は、さっそくエギを準備しマメイカ釣りを開始しました。

管理人はエギングの他に、魚を餌にした浮き釣りと、カレイ狙いで投げ釣りの道具も持ってきていたので、それらを準備し終わりエギングの準備にとりかかっていると…。

今回イカ釣りは始めてと言う魚狩団sachiさんの竿になにかが掛かりました。

上げて見るとまさにマメイカ(ジンドウイカ)様が!

一同一気にテンションが上昇し、エギを一心不乱にキャストします。

そして…

マメイカ(ジンドウイカ)様

一人1杯ずつマメイカを釣ることができました。
管理人のはちびっこすぎなので2枚で(笑

しかしその後群れは去ったのか全く釣れなくなってしまいました。

雨も容赦無く降り、寒さと石炭粉でテンションも急下降…。

さてどうする?

古丹浜埠頭お昼を食って相談した結果、留萌港のもうひとつのマメイカ釣りポイント、古丹浜埠頭へ移動し様子を見てみることになりました。

古丹浜埠頭は三泊埠頭と向かい合わせになる側がマメイカの回遊ポイントとなります。この時期、休日の前夜となるとイカ狙いで多くの釣り客が訪れますが、さすがに日曜の昼過ぎとなると人も大分帰って場所も空いていました。

しかし向かい風でエギを飛ばしにくい中、キャストを繰り返しますがマメイカはなかなか掛かってくれません。

あきらめかけた頃…

なんか重いとリールを巻いていると、マメイカが掛かってるではないですか。魚と違って、イカの場合は海草が絡んだような重いアタリなので気付きにくいようです。

なにはともあれ群れが来たようで、周りでも釣れ始めました。

息を吹き返したようにやる気になる一同(笑

そしてまた管理人の竿が重くなりました! リールを巻いていくとエギにマメイカが掛かっているのが見えます…。

ところが上げる寸前でマメイカ逃走… orz

焦ってリールを早く巻きすぎたようです。

イカがエギに掛かる場合、足だけハリに絡んでいる事が多く、大きな衝撃がかかると足が切れたり裂けたりでバレてしまうことがあります。このためイカが掛かっても大アワセや早巻きは厳禁なのです。

このあと残念ながらマメイカは釣れないまま納竿となりました。

でも今回は参加者全員がマメイカをゲット。

管理人の本日の釣果は…

マメイカ2匹

三泊埠頭・古丹浜埠頭で1匹ずつの2匹でした。マメイカの釣果としては少ないのですが、初めてエギングで釣る事ができて感無量ス。

参加者の皆様おつかれさまでした。

ちなみにマメイカはお刺身でいただきました。
鮮度の良いイカは歯ごたえと甘味があって最高ですね。

6月23日 小平海岸・留萌港古丹浜埠頭投げ釣り

小平海岸・留萌港古丹浜埠頭投げ釣り

今回もカレイを求めて単身やってきたのは小平のとある海岸沿い(写真左)。…なんでもここではホッケ・アイナメ・カレイなどの魚種がねらえるとか。

足場も良く、早速投げ釣りを始めますが…

海草大すぎ orz

仕掛けがあっという間に2つ無くなり、やる気も無くなりました(笑

そこで、今時期マメイカ釣りで盛んな留萌港の古丹浜埠頭(写真右)に移動し、エギングしながら投げ釣りをしてみることに。

すると…

写真はでかいですが小さいクロガシラガレイ

手のひらにも満たない小さいクロガシラがヒット。その後も同サイズのクロガシラが釣れましたが、時間がなくなり納竿。

どうも手のひら級以上のカレイが釣れない状態が続いてます…。

ちなみにイカの方は全くダメでした(笑




フィッシャーベア Copyright (C) hiro. All Rights Reserved. Powered by Movable Type