フィッシャーベア トップへ / 釣りログ 釣行記

釣りログ 釣行記

8月15日 紋別近郊沿岸カラフトマス釣り

昨年と違い好調なカラフトマス。盆休み最終日の今日は、前回の釣行で目をつけてた紋別近郊の河口に単身でやってきました。

場所とりを兼ねて夜2時頃からフカセをやってると…。

ソイ速攻で20cmそこそこのソイが掛かります。

明け方まで5・6匹掛かるも全てリリース。

夜明け4時をまわると大分明るくなってきました。

海面をよく見るとモジリらしきものがちらほら…

そして数匹の群れを皮切りに、回遊が始まりました!

管理人は青系アワビ色スプーンにチェンジし、群れの回遊に合わせてキャストを繰り返します。

すると午前4:30頃に待望のヒットが!

隣の方にタモ入れをしてもらい上がったのが…

カラフトマス

なんと40cmのカラフトマス。
一瞬でかウグイかと…(笑

そして午前5:00頃になると群れの回遊も本格的になってきました。

数十匹の大きな群れが数分おきに回遊してきます。

ここでフカセにチェンジして回遊を待ち構えていると、やってきたマスはなぜか餌をスルー…。

どうやら棚が予想以上に深いらしく、1m位では足りない模様。よく棚が下だと食わないといいますが、数十cm程度上でも食いは悪いようです。急遽仕掛けを継ぎ足し、1.5m程度にして回遊を待ちます。

すると次の回遊でばっちり食いついて来ました!

ところが底に大きく引き込まれた時でした…。

なんとドラグの設定ミスで、ドラグが作動せずそのままラインブレイク…orz

…しかし落ち込んでる場合ではありません。

すぐに予備の仕掛けを用意します。

そして…

カラフトマス祭り

回遊のたびにマスが掛かかります!ほとんど釣堀状態で休む間もなくヒットが続きます。

餌を食う瞬間も撮影できました。

フカセに掛かる瞬間

5匹目が釣れてからは、再びルアーにチェンジ。食う瞬間を見ながらの釣りなんて滅多に出来ないので、ルアーのアクション等の研究。

スピナー

今回もスピナーが絶好調でした。タコベーに変わり、グラブタイプのワームをフックに使ってみましたが、立て続けに2匹ヒット。

同じくシングルフックにしてグラブを取り付けた、ピンクのタスマニアンデビルにも、物凄い勢いで1匹が飛び掛ってきました。やはり赤いひらひらした物に反応が良いようです。

8匹目が釣れた所で群れの回遊も少なくなり、切れのいいところで納竿することに。

カラフトマス 57cm

今回一番の良型はせっぱりぎみのこのオス。57cmでした。

3匹はさばききれず実家に8匹中2匹がメスで、マスの子を堪能出来そうです。

それにしても大漁だとさばくのが大変。

混雑して場も殺気立つサケ・マス釣りですが、今回は見ず知らずの釣り人同士タモ入れを協力したり、仕掛けや餌をわけあったりと、ひじょうに和気藹々とした感じで良い釣行となりました。

マスは十分堪能できたので、そろそろ狙いをサケに移すかも…。

8月11日 元沢木海岸カラフトマス釣り

元沢木海岸前回、枝幸の問牧漁港にて今季初の釣果をあげることが出来たカラフトマス。今回は盆休み中ということもありメヂャーな釣り場を避け、わりとマイナーな元沢木のとある海岸にやってきました。

ところが現地についてみると結構な釣り人が…。

とりあえず、すでに入釣してるたにさんらと合流。 話を聞くと状況は厳しく、ルアーよりフライの方に釣果が見られるとの事。

オリヂナルスピナーそこでちょっと変わった事をと、前日自作した対カラフトマススピナーを投入。

釣れてないこの状況で使うのは少し勇気が要りました…。活性が高いとスピナーにも食いついてくるとの話は前から聞いていたんですけどね。

ところが餌無しでフロートに取り付けキャストすること十数分

今回も前兆なしでいきなりのヒット!

砂浜なので後退しながらリールを巻き一気にあげます。

カラフトマス

今回も50cmジャストのオスでした。その後も断続的にアタリやヒットが続くものの、上手くフッキングせず釣果はこの一匹だけでした。

この日は沙流留の状況も見つつ、紋別近郊の河口で第2ラウンドとなりましたが日が昇り状況は下り坂。

夕方までがんばりましたがこっちは釣果ゼロでした…。

牛てか脱走してますよ…

8月5日 問牧漁港カラフトマス釣り

問牧漁港今季4回目の挑戦となるカラフトマス。今回は超メヂャーな釣り場である枝幸の問牧漁港にやってきました。

深夜に現地についてみるとすでに港は車でいっぱいでしたが、何とか防波堤角を確保。

まだ薄暗い3時半頃、まずはウキフカセで釣りをスタート。餌はいまや定番の紅イカとエビ塩サンマの合い掛けです。あまり暗いうちから釣れるイメージの無いカラフトマスですが…

数回キャストでいきなりアタリが…。

そして軽くあわせると針掛かりするではないですか!

…でも軽い…

寄せてみるとウグイの野郎でした…orz

気を取り直してキャストを繰り返していると、なんか手ごたえが軽い…。そう、ウキごと仕掛けだけ吹っ飛んでしまったのでした…orz

めげずにウキルアーにチェンジ。

明るくなると隣の方を皮切りに、全体でぽつぽつと釣れ始めてきました。

しかし群れがまた遠い…

ここでウキを外し、遠投できるよう20gのタスマニアンデビルからピンクホログラムのヘリン25gにチェンジ(エサ無し、タコベーのみ)。

少し深いところを狙うつもりで、ゆっくりめで引いていたときでした…

突然根掛かりしたような感じでルアーが止まり、反射的に合わせてみると重い振動が伝わってきました!

キ キタ!

あせらず数回合わせて竿を立てながら寄せます。(後で解かったことなのですが、カラフトマスはサケと違い口が柔らかいので強く合わせるのはよくないそうです…)

寄ってくると急に左右に走り出し、バレないか冷や汗ものでしたが、なんとか取り込みに成功!

隣のおじさんありがとうございます。

カラフトマス

カラフトマス2

50センチ丁度のオスでした。なんとか今季初のカラフトマスをゲット。

この日は朝7時くらいまでに港全体(推定40人くらい?)で10数本程度上がっておりました。

今季のカラフトマス状況

2007年07月30日

今年のカラフトマスは岸寄りが早く、早場で有名な釧路西港や稚内方面はもちろん、他の地域でも今月から釣果が出ているようです。

海水温の上昇も去年より少ないですし、今年はなんといってもカラフトマスの豊漁年。

去年とは一転して釣果に期待できるんではないでしょうか。

そんなわけで管理人も16日・22日・29日と雄武方面・猿払・紋別とチャレンジしてきましたが、いずれもボウズとあいなりました…orz

入釣のタイミングが悪く大時化で釣りにならなかったり、タックルの選択ミスで周りで釣れてるのに加われないなんて事もあり、事前に色々と想定して準備しておく事が釣果の差になると痛感しました。

シーズンもまだまだ序盤ですし、なんとか釣果を出せるようがんばります。。。

7月14日 岩内港西防波堤ヒラメ釣り

岩内港西防波堤

もともと沖の釣り物とされ、陸から狙って釣るのは難しいとされているヒラメですが、近年防波堤やサーフでのルアーフィッシング対象魚として、主に道央・道南エリアでの釣りが盛んになってきています。

時期としては5月~8月くらいで、この時期ヒラメは産卵の為岸寄りしてくるそうです。

そこで今回連休ということもあり、無謀にもヒラメ釣りの実績があるという岩内港にやってきました。

現地に到着したのは深夜2時半頃。

沖にはこの時期旬となるスルメイカ漁の漁火が無数に灯っており、幻想的な風景を醸し出してます。

さて防波堤外洋側ではイカ狙いのウキ釣りの方が数名、内側もワームを使った探り釣りの方が数名入釣されてましたが、釣果はあまりよろしくない模様。

とりあえず情報を元に、防波堤中間部の内側を探ってみることにしました。

…で

結果から言うとダメでした…orz

てか全然魚信無し。

明るくなってから、防波堤先端にヒラメ狙いと思しき大きなタモ持った方が入釣されてたのに気づきましたが、先端付近も全くダメだったようでした。

日が昇ると皆さん一気に撤収…。

管理人も心折れ撤収です…。

小樽水族館

帰り道に小樽水族館でお魚見物…。
ヒラメの実物も見てきました(笑




フィッシャーベア Copyright (C) hiro. All Rights Reserved. Powered by Movable Type