フィッシャーベア トップへ / 釣りログ 釣行記

釣りログ 釣行記

5月3日 近郊ダム湖アメマス釣り

近郊ダム湖

この日は、旭川市から車で40分くらいのとあるダム湖へトラウト狙いでやってきました。

ここはアメマス・ニジマス・ブラウンが生息しているのですが、小さい湖ながらもかなりの大物が潜んでいるそうな。

今回は餌釣りでアタリを待っていると…

アメマス:taniしばらくして仲間の竿にアメマスがヒット!これを皮切りにアメマスが断続でヒットしました。

アメマス:sachiアメマスの特徴でもある白く美しいスポット。このスポットの大きさが魚の目よりも大きい場合はアメマス、小さい場合はエゾイワナと分ける場合もあるようです。

管理人的には湖で釣れたのは全部アメマスと言ってましたが、もしかしたらエゾイワナも混じっていたのかも。。。

さてさて、この日は水温が7度程度と低いせいか、釣れるのはアメマスばかりで他の魚の活性はイマイチ低いような感じでした。

3人で昼過ぎまで釣っててアメマスが10数匹。

ブラウンやニジマスは、もうちょっと暖かくならないと釣れないのかも知れません。

アメマス

3月23日 朱鞠内湖ワカサギ釣り

朱鞠内湖案内

ワカサギ釣りのシーズンも終盤となった朱鞠内湖へ再びやってきました。6匹という結果に終わった前回…、今回はなんとしても数を釣りたいと意気込んでの釣行でした。

ポイントは前回と同じ場所で。。。

今回は前回のように竿を置きっぱなしにしないで、ひたすら上下にふってワカサギを誘いました。その甲斐あってか、コツコツとしたワカサギのアタリが頻繁にきます。

口が切れないように軽く合わせて上げると。。。

ワカサギ

こんな感じでかかってます。

ワカサギは群れで回遊しているので、一匹かかってもすぐに上げないで数匹かかるまで待つのが数を釣るコツのようです。管理人は待ちすぎて、最初かかった魚に逃げられたりしましたが(笑

ちなみに撒き餌はあまり効果が実感できませんでした。ポイントと棚が合っていれば、撒き餌が無くてもガンガン釣れるみたいです。

ワカサギ釣果

今回はなんとか30数匹を釣ることに成功。まぁワカサギ釣りの釣果としては少ないかもしれませんが、釣果云々よりものんびりとした感じで釣るスタイルに魅力を感じました。

お昼

暖かいこともあって釣りながら焼肉を。
気の合う連中と食う飯は んまい。

2月11日 朱鞠内湖ワカサギ釣り

この日、釣り人生初となるワカサギ釣りに向かったのは道北朱鞠内湖。なんでも朱鞠内湖は、ワカサギの魚影の濃さ・味ともに道内屈指なのだとか。

とりあず前日釣具店に出かけて、ワカサギ用のロッド・リールセットと2号の仕掛け、そして餌のワカサギウォーム(ラビットウォームのような細めの虫)を購入し、翌朝仲間たちと一路朱鞠内湖に向かいました。

釣り場に到着したらまずはポイント探し。

やはりインレット付近がワカサギの回遊が多く、おのずと人も集まるようなのですが、ファミリーでの釣り人が多いせいか、トイレに近い場所が特に混んでいる模様。

駐車場から少々歩くポイントに釣り座を構えることにしました。

朱鞠内湖ワカサギ釣り

穴あけドリルは共用の物が湖に置かれているのですが、刃先が減っていて穴あけに一苦労。やはり用意していくに越したことは無さそうです。

穴を開けと氷すくいを手分けして終わらせたら、いよいよワカサギ釣りの開始です。

ワカサギ釣り開始

さて、ワカサギの釣り方なんですが、写真のように竿を置きっぱなしにしていてはダメだそうで、とにかく上下に動かしてワカサギを誘うことがポイントだそうな。ゆっくり上下に動かしつつアタリがきたら合わせる。そして餌はこまめに取り替えたほうが良いとの事。

…全然守ってませんでした(笑

参加者に初心者の方も多く、仕掛けの準備や餌付けなんかを手伝ってたり、写真の撮影にまわってたりと、自分の竿はほとんど置きっぱなし。。。

でもボウズの方が出ることもなく、ワカサギ釣りを皆で楽しむことが出来たので結果よしということで。

ちなみに管理人釣果6匹!(汗

帰りは幌加内の蕎麦を堪能したあと温泉へ。

蕎麦

せめて2桁釣りたかった。。。

9月30日 常呂漁港サケ釣り

常呂漁港サケ釣りなんだかんだで9月も最終日。本来ならピークとなる時期なのですが、今期は何処もかしこも不調が続いております。

そんな中やってきたのは昨年この時期が好調だった常呂漁港。

一足先に現地入りしてたたにさんRYOくんらと合流し、漁港中央部の突堤にて4:00ごろ釣り開始となりました。

防寒はばっちりかと思っていたら、意外と見落としていたのが手の部分。軍手では目が粗く風が強いとどんどん手先が冷えていきます。。。車の奥にあった釣り用の手袋+軍手でなんとかしのぎました。

しかし日が昇っても釣れる気配なし…

200人近い人がいるというのに、ピンポイントで釣れてるだけで我々の竿には掛かる気配すらありません。

ところが諦めムードが漂い始めた7:00頃。

何かに根掛りしたようなアタリでサケがヒットしました!

通常は、コツコツと突くような小さいアタリから重くなって…というのがサケのアタリなんですが、コイツはいきなり食いついてきたようでした。

あまり暴れることなくネットイン…。

70cmの雌鮭ですた。

約70cmの雌鮭ですた。

皆一瞬やる気がよみがえるものの、漁港奥で連続ヒットしているのを見て場所を移動。

でも、時すでに遅し。

管理人たちの場所を避けるような回遊コースで、まったく反応がありませんでした…。

結局この日は管理人の一匹のみで終了…。なんだかピークを体験することなく今季が終わりそうな予感がしてきました…orz

サケ釣り釣果報告

先月15日のカラフトマス爆釣から一ヶ月…。
狙いをサケに変更し、釣行を繰り返してきましたが釣果は今ひとつ…。
とりあえずまとめて釣果報告です。

苫小牧8月27日 苫小牧某河口 ×
すでに遡上が始まっているとの情報を聞き、やってきたのは苫小牧近郊の河口。到着した深夜1時にはケミライトを付けたウキが飛び交ってましたが、サケの活性はそれほど高くないらしく、釣れてはいない模様…。しかし日の出と共に跳ねが多数見られました。さっそくウキルアーで挑戦するも無念のバラシ、隣の方もバラシ、浜の人もバラシで結局上がったのを確認できたのは全体で2本だけ。

問牧9月2日 枝幸町問牧漁港 △
魚狩団のたにさんRYOくんと問牧漁港横の浜でぶっこみ。開始早々RYOくんにカラフトマスが掛かり、続いてたにさんも写真のサケをゲット。日が昇り反応がなくなるが、ウキルアーでRYOくんがカラフトマスをゲット。その後漁港の様子を見に行くと、サケ・カラフトマスの回遊を多数確認。漁港に移動しウキルアーで夕方まで頑張るがRYOくんがカラフトマスを釣ったのみ…。結局管理人のみ釣果ゼロ…orz

9月9日 枝幸港・問牧漁港 ×
台風後の時化による漁港への入りを期待し、枝幸港に行ってみるも全体で数匹あがってたのみ。問牧漁港も濁りと波が高く釣りにならない。河口付近では引っ掛けが多数。あまりのひどさに警察も来ていたみたい。

カタクチイワシ9月13日 枝幸港 △
再び枝幸港へ来るものの群れの回遊は全く見られず。代わりにいたのが写真のカタクチイワシ。日没前後は入れ食い状態が続き、30分ほどのイワシ・ラッシュで40匹ゲットしました。

ソイ夜になってフカセを数時間やってみるが掛かるのはソイばかり。

雌鮭9月14日 枝幸町問牧漁港 ○
結局枝幸港は朝方も群れが来ず、問牧漁港に移動して外洋テトラでウキルアーを。跳ねが多数あるものの反応が無い為、午前9時頃にフカセにチェンジ。
コレが大正解で、30分ほどで写真の73cmの雌サケが掛かりました。

ようやく今季初のサケをゲット↑

雄鮭続いて30分後に今度は74cmの銀ピカ雄サケが。すばらしいファイトで取り込むのに5分ほどかかりました。

区切りのいい所でこの日は終了。

常呂漁港9月17日 常呂漁港 ×
網走港第4埠頭が閉鎖されていた為、やむなく常呂漁港へ。まだ少し早く群れの回遊も少ない。それでも東防波堤全体で5本ほど上がる。管理人はアタリがあったのみ…orz

枝幸港9月19日 枝幸港 ×
枝幸港に群れが入ったとの情報をキャッチし、現地に向かうがわずかな跳ねが見られるのみ。どうやら前日だけのラッシュだった模様。少し北の目梨泊付近では好調だったそうだが場所を特定できず。翌20日は目梨泊漁港で好調だったとの未確認情報が…。




フィッシャーベア Copyright (C) hiro. All Rights Reserved. Powered by Movable Type