フィッシャーベア トップへ / 釣りログ 釣行記

釣りログ 釣行記

7月24日 近郊ダム湖 ニジマス釣りと謎の生物

近郊ダム湖 ニジマス釣り今日は仕事帰りに(といっても家とは逆方向…)
近郊のダム湖へ。

曇天で水温は11度。
昨日は少し雨降りでしたが水は澄んでいました。

6時くらいから釣りを開始すること30分…。
対岸のほうから何やら水の音が…。

見えづらいですが赤マル部分目を凝らすと、対岸近くの水面を「何か」が泳いでいて、時折バシャバシャ暴れているのです。数十秒暴れたら、数分泳ぎ回ってまた暴れる…の繰り返し。始めは鳥か小動物かと思いましたが、音が半端なく大きく、水のはね具合から推定すると1m近い生き物のようでした。気になって動画を撮影しようとカメラを取り出すと…

いきなり激しいアタリが!慌ててリールを巻いていくと…いきなり水面で魚がジャンプ。

ニジマス特有の「エラ洗い」です。

数回エラ洗いされるも何とか釣り上げてみると、やはり28cmのニジマスでした。はずかしながら管理人釣り人生初のネイティブレインボーです。その後も群れが回遊してきたのか、数分おきに23cm・25cmのニジマスがヒットしましたが、気になるのは対岸の謎の生物。

あいかわらずバシャバシャしています。

撮影しようにも遠すぎでうまく撮れず、暗くもなってきたので7時過ぎで納竿となりました。最後まで正体わからずです。。。

ニジマス釣り上げたニジマスは、一番大きいのを残してリリースするつもりでしたが、管理人が針外しに時間がかかっているうちに弱りきってしまったため、結局3匹とも持って帰ることに。

…今回は短い時間でしたが、初めて野生のニジマスを釣ることができたり変な生き物を見たりと内容の濃い釣行となりました。会社帰りで来れる距離なので、日が長いうちにまた来たい場所であります。

それにしてもあの生き物の正体が気になる…。

7月17日 留萌 カレイ投げ釣り

古丹浜埠頭旭川から近い海ということで最近行くことが多い留萌港。今回はなんとかイカを釣りたいということで、まずは夜中に古丹浜埠頭でエギを飛ばしてみましたが、満潮は朝の九時近くということでイカは来ていない様子。仕方ないのでワームでソイ・ガヤを狙うものの干潮のせいか先週のようにはいきませんでした。

クロガシラ
そこで夜明けに投げ竿出して、カレイを狙ってみると、キャストしてからほどなくアタリが!…釣れたのは25センチ程度のクロガシラ。なかなかの良型です。通りがかったオジサンは「刺身で喰えるよ~」なんて言ってたので、帰って無理やり刺身にしてもらいました。…うまかったっす。

ガヤ
しかしそれから魚信はパッタリ途絶え、餌も取られない状況が続いたので、結構気に入っている南側防波堤の外側で投げてみることに。ここでもすぐにアタリがあり心躍らせながら上げてみると…またまたちびガヤです(汗。ちびのクセにえらい引きでした。
わんぱくでもいい逞しく育ってほしい…と願いつつリリース。

その後仕掛けをロストしまくり波も高くなってきたので泣く泣く撤退…。

ウグイ
諦めの悪い管理人は、場所を黄金岬横の海岸に移し再び投げてみることにしました。しかし釣れたのはウグイ…。その後2時間ほど粘ってみましたが全然魚信は無く、昼過ぎには納竿し帰路につきました。
留萌では曇り空で朝のうちだけ雨でしたが、旭川は物凄い大雨で帰ると2階の窓開いていて部屋がズブ濡れ…orz

フナムシ今回の発見…
フナムシはつぶらな瞳で意外とかわいい

…パッと見ゴキちゃんですが

7月10日 留萌港 ブラー・投げ釣り

夜明けの三泊埠頭再び留萌港へとマメイカ狙いでやってきました。今回は古丹浜埠頭の向かいである三泊埠頭で、こちらもマメイカの回遊するポイントみたいです。現地で深夜にたにさんと合流し話を聞いてみると、イカはどうも調子が悪く明け方に狙ってみるとのこと…。

しかしブラーでソイ・ガヤが好調とのことで、管理人も早速夜光ブラーにストレートのワームをセットし、ラインにルミコの赤を取り付けキャストしてみると…足元でアタリが!
ヒットしたのは20cmそこそこのクロソイでした。そのあとも足元にて同サイズのクロソイを上げたものの、夜明けと共に急に反応がなくなってしまいました。
おまけに明け方には風が非常に強くなり、エギも飛ばせない状態に。

南側防波堤外海側そこで南防波堤に移動し、テトラ間での穴釣りに挑戦。

ちびガヤ…だから親呼んできてってば(笑
小さいグラスミノーのためかこんなんばっかりです。

それじゃあカレイを…ということで投げ釣りの仕掛けに変更してみると…

マガレイたにさんが結構良形なマガレイを釣りました!しかしこやつアタリも小さく、引いていてもまるでやる気が無かったようです(笑

スナガレイそのあとも手のひら程度のスナガレイを釣り上げ、一足早くたにさんは帰路に…。

管理人の釣ったマガレイ管理人はその後も粘ってみましたが、手のひらマガレイ一匹で終了でした。

熊蜂陽気につられて蜂も寄ってくる始末…

…初めて留萌の投げ釣りで釣果が出ました(笑
留萌は意外とソイ・ガヤの魚影が濃いようで、今時期の夏場はブラーやワームでの夜釣りが楽しそうですね。
今度はソイ・ガヤメインで夜釣りに来ようかと思います。

7月2日 留萌港 マメイカエギング他

夜明け前の古丹浜埠頭留萌港にマメイカ・ヤリイカが来ているとの情報を聞き、この日は朝まずめを狙って留萌港へと繰り出しました。

7月というのに15度と肌寒い中、とりあえず投げ竿一本出しつつエギングでマメイカを狙ってみることにしてみましたが、両方とも音沙汰なし…orz

南防波堤テトラで投げ釣り周りもウグイが上がっているだけでコレといった釣果なしのようなので、6時頃に思い切ってイカはあきらめ南側防波堤に移動。しかしながらここでも投げ釣りの反応が今ひとつなので、テトラ隙間で穴釣りをしてみたところ、すぐにアタリが…!

しかし全て数十センチの放流サイズのガヤで、親を呼んできてくれと言い聞かせつつリリース(笑

結局昼近くで今回は撤収となりました。

留萌は昔から苦手な港なのですが、いつかは良い釣果を残したいものです。

6月24日 近郊ダム湖アメマス釣り

近郊ダム湖アメマス釣り本日は午後から魚狩団組合長たにさんと、マス狙いで近郊ダム湖へ。

週末の為か釣り客も多くフローターがちらほら見える中、手始めにルアーをキャストしてみますが、数回やっているうちにルアーだけがすっとんでしまいました。どうやらリーダーの結び目が甘くほどけてしまった模様…。久しぶりのルアーフィッシングということもあって、どうも調子がつかめません。

しばらくしてから調子が悪いルアーをやめて餌釣りにしましたが、アタリは来るものの釣れず…。

しかし夕方になってから管理人に待望のヒットがあり、20cm程のアメマスを釣り上げることができました。その後も同サイズのアメマス、さらに写真の30cmオーバーのアメマスと合計3匹で管理人は終了。

たにさんも今日一番のサイズのアメマスを1匹ゲットしましたが、泥を洗おうとしているうちに逃げられてしまいました…(涙

途中雨にも見舞われましたが、二人ともなんとかボウズを免れアメマスのファイトを楽しむことができて良い一日でした。話によるとニジマス・ブラウンもいるとのことで、いづれまた釣りに訪れたいと思います。





フィッシャーベア Copyright (C) hiro. All Rights Reserved. Powered by Movable Type