フィッシャーベア トップへ / 釣りログ 釣行記

釣りログ 釣行記

8月13日 紋別港第2埠頭投げ釣り

紋別港第2埠頭早朝のカラフトマス釣りを終え、一足先に旭川に帰るたにさんを見送った後、単身紋別港で投げ釣りをしてみることにしました。

紋別港での釣りは実に10年ぶり。昔から魚影の濃い港でしたが今回はどうなることやら…

今回使用したのは、最近お気に入りのイエローエッグボール付き13号誘導式仕掛けに、餌はえび塩しめのエラコ。ちなみにエラコは初使用です。

7時も回り時間的には微妙でしたが…

おお!1投目数分後に竿先に取り付けた鈴が景気良く鳴ります。

どうやらさっそく掛かったようです。

釣れたのは…

クロガシラ手のひらよりチョイ大き目のクロガシラです。

続いて…

ハゴトコ近距離で投げておいた仕掛けに掛かったスジアイナメ、通称ハゴトコです。アイナメとの違いは目元の黒い放射状の筋と尾びれの丸みです。味がアイナメより落ちる為、北海道では外道扱いですがもって帰ることに。

さらに…

クロガシラさっきよりちょっと大き目のクロガシラ。

結構ハイペースで釣れます。

アイナメちょっと小さめですがこっちが正真正銘のアイナメ、通称アブラコです。尾びれの端は切ったかのようにまっすぐです。

日も上がり暑くなってきましたが…

コマイ夏コマイも2匹釣れました。




しかし



今回もヤツが来てしまいました。



そう…




きょだいうーぐーいーうーぐーいー

しかもデカイの2匹…orz

まぁ魚体見えるまではエキサイトしましたがね(笑

そんな感じで10時の納竿まで8匹とそこそこの釣果でした。

今回カラフトマスはダメでしたけど、手ぶらで帰ることもなく楽しい釣行でした。しかしマス釣りは今月中にもっかいリベンジしたいところであります。

8月12日 紋別近郊沿岸カラフトマス・ソイ釣り

紋別近郊沿岸8月も中旬に入り、各地でカラフトマスのシーズンとなっていますが釣果は今ひとつの様子。

そんな中、魚狩団のたにさんより紋別周辺でカラフトマスを狙ってみようとの誘いを受け、やってきたのは紋別近郊のとある河口。

一足先に現地入りしていたたにさんは、釣り具屋さんで情報収集していたらしく、地元でも有名らしいこの釣り場、沖の網が上がっていれば有望とのことで来て見るとどうやら網は上がっている模様!

夕マズメのカラフトマス釣りさっそくカラフトマスを狙ってルアーをキャストしてみると、たにさんの竿に異変が!

大きくしなり、なにか大きい魚がかかったようです。しかし数秒後惜しくもバレてしまいました。

その後管理人の竿にも何かのアタリがあり、これは期待できるのではとキャストを繰り返していると…

またたにさんがヒット!

しかし竿は先ほどよりしなっておらず、釣れた魚も…

ソイ20cmほどのソイでした。

管理人もこのあと2匹ほどソイを釣りました。

月夜結局日没までキャストを繰り返してみましたが、本命のカラフトマスは釣れませんでした。早朝に再び狙ってみることにして、夜は夕食を喰らったあと活性の上がったソイ狙いでブラー釣りにチャレンジ。

防波堤ソイ夜釣りたにさんは薄茶色のグラブ、管理人は夜光のミノー系ワームをブラーにセットしキャストしてみるも、なかなかアタリがありません。

そこで先ほどのカラフトマス釣りで思いついた「紅イカワーム」…ようはえび塩でしめた紅イカをブラーにセットしてキャストしてみると…

ソイ祭り

20cmそこそこのソイが立て続けにヒット。
たにさんとあわせて数時間で十数匹もの釣果となりました。

酒をのみつつ…そんな感じで夜は更け、たにさんは一時仮眠へ。

管理人はテンション高くなりそのまま夜明けを待ちました。

そして薄明るくなる頃…

準備をしていると、続々人が集まってきました。

たにさんも仮眠を終えすっかり戦闘体勢です。

気が付くと小さい防波堤はカラフトマス釣りの釣り人でいっぱいになりました。

夜から場所を取っておいて正解と思い、釣りを開始しましたが…

全くアタリもなく周りでも釣れていない様子…


これは…



まさか




今回もダメですか?


6時付近になると一気にみなさん撤収です残念ながら6時すぎまで粘りましたが納竿することにしました。

今回は魚影すら確認できず…。紋別付近はまだ時期が早いのかもしれません。

8月6日 留萌釣り突堤カレイ釣り

釣り突堤うだるような暑さの中、留萌へ海水浴がてら投げ釣りにやってきました。場所はゴールデンビーチ横の通称釣り突堤。

この日は波が高い状況で、海水浴場も遊泳禁止となってました。
風も強くなかなか遠投できません。

クロガシラそんな中なんとか釣れたのがこのちびクロガシラ…。実験で取り付けてたルミコオレンジに食いついてきました。

前々回のイエローエッグボールや今回のルミコオレンジといい、カレイって黄色~オレンジ系の色に惹かれるんでしょうか?釣具屋さんでも黄色いオモリが売られているのを思い出しました。

しかし結局気温が上がるとともに釣れる気配は下がる一方。おまけに大事なイソメも熱中症にかかってしまい続行不可となってしまいました。夏場の釣りでは餌の管理は要注意ですね。

海水浴場それにしても物凄い混み様でした。
帰りは混雑をさけて国道を迂回…

7月31日 釧路西港西防波堤カラフトマス釣り

狩勝峠稚内方面と並ぶ北海道のカラフトマス早場、釧路港へ向かうため前日夕方旭川を出ました。
帯広経由で走ること4時間半…、現地に到着するとおそらくコマイ狙いだと思われる夜釣り兼カラフトマス釣りの場所取りをしている人が多数。管理人も明るくなるまで仮眠…と思っていましたが、月曜だというのに結構な混み具合なので準備しつつ投げてみることにしました。

しかしイソメを餌に投げてみてもアタリは一切なし…
おまけに夏場だというのに異常な寒さ。
防寒対策の甘かった管理人はすぐに車に逃げ込んでしまいました。

釧路西港西防波堤あたりが薄明るくなった午前3時半頃、意を決し再び釣りを開始しました。
狙うはもちろんカラフトマス。

…気づけば駐車スペースは車であふれ、西防波堤はカラフトマスを狙う人でいっぱいになりました。

さすがに人気のお魚だけはあります。

カラフトマスは防波堤ふちを回遊してくるらしく、みなさん長い竿で仕掛けを直に下に垂らす「垂らし釣り」で数本竿を出しつつ、ルアーか餌でウキ釣りをするスタイルでした。餌はサンマが多かったです。

管理人はウキを投げつつルアーを…と思ってましたが、ここは潮流が早くあっという間に流されてしまいます。仕方ないのでルアー一本で勝負する羽目になりました。最初チョイスしたのは蛍光赤の14gスプーンにタコベイト、餌はえび塩しめの紅イカ短冊です。

しかし数十回キャストしても全くバイト無し…周りでも釣れている気配が無く、早く群れの回遊来いと祈りつつも、時間だけが過ぎて行きました。

一時間ほどたった後、今回試しにと購入した「タスマニアデビル」のピンクにチェンジ。イカをつけると動きが悪くなるようだったのでそのままで使用してみることにしました。

そしてキャストすること30分後の午前4:50…





突然管理人の持つ竿にゴツンと重たい手ごたえが!


きたっ!!


あせらず一度大きく合わせ、確実にフッキングさせます。

隣のオジサンもタモを準備して待ってくれています。

そしてついに見えたその魚体は…







うーぐーいーうーぐーいー

orz (激しく脱力)

…40㎝に迫る大きさのマルタウグイ、通称アカハラでした。どーりで水面近くで諦めたように軽くなるわけです(笑 

周りの皆もがっかりです。

しかしその後、なんとタモもって来てくれたオジサンの垂らし釣り竿にアタリがあり、本命のカラフトマスが上がりました(管理人不覚ながら写真撮るの忘れました)。どうやら群れの回遊が来たらしく、数箇所で急に釣れ始め西防波堤は一気に色めき立ちます。

管理人もこれはチャンスだと気を取り直してルアーをキャストしつづけるも、一回バイトがあったのみで8時頃まで粘りましたが結局納竿することに…。

しかしながら他人の釣ったものとはいえ、カラフトマスを拝めたので少し満足…







…なんてわけありません。

なんとかボウズを逃れようと、第3埠頭に移り投げ竿を出してみます。

しかし疲労もピークとなり、うっかり竿出したまま寝てしまいました。

30分くらい寝たでしょうか。目覚めても竿はピクリとも動いていなかったので、さっさと片付けて帰路につこうとリールを巻いていると、突然暴れだすではありませんか。

びっくりしてリールを巻き魚体を確認すると、「長い!」

なんか蛇のようなモノがかかっているんですが…

謎のお魚…なんでしょうこのお魚。

はじめて見る魚ですが、なんか気持ち悪いので即効リリースしました。

知ってる方の情報おまちしてます。

…とまぁこんな感じで撃沈な釣行でした。

7月29日 網走港第5埠頭カレイ・シマソイ釣り

網走港第5埠頭この日はお出かけついでの短い時間ではありましたが、夕方の2時間程度だけ網走港で投げ釣りをしました。

場所は第4・第5埠頭のオイルフェンス近く。風が強くちょっと釣りにくい天候ではありましたが…

カレイ…
1投目数分後にいきなりアタリが!手のひらサイズでしたがマガレイが釣れ、その後も手のひらサイズ2匹と、木の葉サイズ1匹、合計3匹のクロガシラが釣れました。

今回は13号の誘導式仕掛けに流行りのイエローエッグボールを取り付けたものを使用しました。根掛かりが多いのが難点ですが、カレイにはやはり誘導式もしくは天秤が良いようです。フッキングも全て下の針でした。

さて投げ釣りのアタリを待つ間、ワームを使って防波堤下を探ってみると…

シマソイ15cm程度のシマソイが早速ヒット。タックルは紫のストレートワームを夜光ブラー10gに取り付けた物です。

シマソイこの後も同サイズが4匹ほど釣れましたが日が落ちてくるにつれてアタリが減少…夜光ワームを持ち合わせていなかったので、少し明るい赤のグラブに変更してみると食いが戻り、日が暮れてもヒットが続きましたが、結局大きめがあがらず全てリリース。

一方カレイの方はと言うと…

お星様日没と共にカレイは息をひそめ、代わりに「お星様」が釣れてしまったので納竿となりました(笑




フィッシャーベア Copyright (C) hiro. All Rights Reserved. Powered by Movable Type