フィッシャーベア トップへ / 釣りログ 釣行記 / 海釣り

6月10日 小平海岸カレイ投げ釣り

天候:晴れ

小平海岸6月に入り暑い日が続く中、今回は日本海側の小平へ魚狩団が出動です。

旭川から車を走らせること1時間半…

今日も天候に恵まれました。

ちょっと高いかも…途中立ち寄ったコンビニでは、投げ釣りのポイントに近い事もあってか、なんとイソメが売られていました。

ちなみに砂浜からの投げ釣りになる為、遠投に強い塩イソメが有利です。管理人はエビ塩でしめたイソメと、イカゴロパウダーと塩でしめたイソメの2種類を持参。

釣り場現地に到着し、手早く準備して釣り開始です。

サケ以外の砂浜での投げ釣りは初体験な管理人、とにかく「要遠投」との事前情報をもらっていたので、タックルも遠投を意識した物を準備しました。

遠投というと単にオモリを重くすれば良いと考えがちですが、そもそも飛距離を出すには振り出す時のスピードが重要なのだとか。

そんなんでオモリは、キャストするときに振りが遅くならないギリギリの重さが良いようです。重いと空気抵抗に打ち勝つので、振りが遅くならなければ重い方が有利なのです。

リールに巻くラインはなるべく細いほうが抵抗が少なくて飛距離が出るのですが、細すぎるとキャストの際に切れる可能性が出てきます。

そこで「力糸」というラインの出番です。

力糸はキャストのインパクトに耐えるため、リールのライン先端に結ぶ太いラインの事です。キャスト後の抵抗を少しでも少なくする為、太さが3号くらいから12号くらいまで変化している「テーパーライン」という専用のラインを使うのが良いと思います。

そんなんで今回のタックルは
投げ竿 4.5m
リール No.3000 ライン3号+力糸 3~12号
仕掛け カレイ・ホッケ用胴突き仕掛け 14号
オモリ 25号
…こんな感じです。

しかし、肝心のお魚はなかなか掛かってくれませんでした。

様子見ること一時間…

コレといったアタリはありませんでしたが…

イシモチ…でなかったクロガシラ

手のひらサイズのクロガシラガレイが3匹立て続けにヒット。釣り始めから一時間後の12時半頃でした。最初は白い石のような模様があったのでイシモチ(イシガレイ)かと思いましたが、後で良く見るとクロガシラ。

サイズが小さいので全てリリース。

あづいその後、他の参加者の竿にも手のひら級マガレイが掛かりましたが、その後は魚信がぱったり途切れます…

BBQ「果報は寝て待て」ならぬ「魚信は食て待て」(笑
焼肉しながらアタリを待ちます。

そんな中、たにさんの竿に強烈なアタリが!
竿のしなり具合から察するとかなりの大物。

ところが魚が根に潜ってしまったらしく、根掛りのような状態になってしまいました。

角度を変えて引っ張ったり、竿を放置したりで粘りましたが…

残念ながら魚は根から出てくる事無く、根ズレでラインが切れてしまいました。

その後、別の竿にも大きな魚が掛かったようですが、また根に潜られてしまい逃してしまいます。たにさんの話では、昨年同じ場所で45cmくらいのアイナメを上げているとの事で、おそらく逃した魚はアイナメ。

この後、夕方近くまでがんばりましたが魚信はありませんでした。

風力発電の風車帰りは景色の良い海岸線を走り、車中トークを楽しみつつ旭川へ。

最後まで天候が崩れることが無かったのが幸いス

参加者の皆様おつかれさまでした。

ブログランキングのに参加しています。
にほんブログ村 釣りブログへ 人気ブログランキング

コメント (3)

昨日はお疲れ様でした~
近日リベンジに訪れたいっすね。
テカ、帰宅後軽く熱中症。
呪いかとwww

RYO:

昨日はお疲れ様でした。
hiroさんの仕掛けって手が込んでますね♪
投げ釣りにもテーパーラインがあるなんて知らなかったです(汗。

hiro:

>たにさん
これからの季節は直射日光キケンですね…
日中の砂浜じゃパラソル要るかも。

>RYOさん
オラも直前に遠投の仕掛け調べて知りましたw
防波堤からだとそんなに思いっきり竿振らないから
リールのラインに仕掛け直でOKでしたから…orz




フィッシャーベア Copyright (C) hiro. All Rights Reserved. Powered by Movable Type