フィッシャーベア トップへ / 釣りログ 釣行記 / 海釣り

海釣り

7月31日 釧路西港西防波堤カラフトマス釣り

狩勝峠稚内方面と並ぶ北海道のカラフトマス早場、釧路港へ向かうため前日夕方旭川を出ました。
帯広経由で走ること4時間半…、現地に到着するとおそらくコマイ狙いだと思われる夜釣り兼カラフトマス釣りの場所取りをしている人が多数。管理人も明るくなるまで仮眠…と思っていましたが、月曜だというのに結構な混み具合なので準備しつつ投げてみることにしました。

しかしイソメを餌に投げてみてもアタリは一切なし…
おまけに夏場だというのに異常な寒さ。
防寒対策の甘かった管理人はすぐに車に逃げ込んでしまいました。

釧路西港西防波堤あたりが薄明るくなった午前3時半頃、意を決し再び釣りを開始しました。
狙うはもちろんカラフトマス。

…気づけば駐車スペースは車であふれ、西防波堤はカラフトマスを狙う人でいっぱいになりました。

さすがに人気のお魚だけはあります。

カラフトマスは防波堤ふちを回遊してくるらしく、みなさん長い竿で仕掛けを直に下に垂らす「垂らし釣り」で数本竿を出しつつ、ルアーか餌でウキ釣りをするスタイルでした。餌はサンマが多かったです。

管理人はウキを投げつつルアーを…と思ってましたが、ここは潮流が早くあっという間に流されてしまいます。仕方ないのでルアー一本で勝負する羽目になりました。最初チョイスしたのは蛍光赤の14gスプーンにタコベイト、餌はえび塩しめの紅イカ短冊です。

しかし数十回キャストしても全くバイト無し…周りでも釣れている気配が無く、早く群れの回遊来いと祈りつつも、時間だけが過ぎて行きました。

一時間ほどたった後、今回試しにと購入した「タスマニアデビル」のピンクにチェンジ。イカをつけると動きが悪くなるようだったのでそのままで使用してみることにしました。

そしてキャストすること30分後の午前4:50…





突然管理人の持つ竿にゴツンと重たい手ごたえが!


きたっ!!


あせらず一度大きく合わせ、確実にフッキングさせます。

隣のオジサンもタモを準備して待ってくれています。

そしてついに見えたその魚体は…







うーぐーいーうーぐーいー

orz (激しく脱力)

…40㎝に迫る大きさのマルタウグイ、通称アカハラでした。どーりで水面近くで諦めたように軽くなるわけです(笑 

周りの皆もがっかりです。

しかしその後、なんとタモもって来てくれたオジサンの垂らし釣り竿にアタリがあり、本命のカラフトマスが上がりました(管理人不覚ながら写真撮るの忘れました)。どうやら群れの回遊が来たらしく、数箇所で急に釣れ始め西防波堤は一気に色めき立ちます。

管理人もこれはチャンスだと気を取り直してルアーをキャストしつづけるも、一回バイトがあったのみで8時頃まで粘りましたが結局納竿することに…。

しかしながら他人の釣ったものとはいえ、カラフトマスを拝めたので少し満足…







…なんてわけありません。

なんとかボウズを逃れようと、第3埠頭に移り投げ竿を出してみます。

しかし疲労もピークとなり、うっかり竿出したまま寝てしまいました。

30分くらい寝たでしょうか。目覚めても竿はピクリとも動いていなかったので、さっさと片付けて帰路につこうとリールを巻いていると、突然暴れだすではありませんか。

びっくりしてリールを巻き魚体を確認すると、「長い!」

なんか蛇のようなモノがかかっているんですが…

謎のお魚…なんでしょうこのお魚。

はじめて見る魚ですが、なんか気持ち悪いので即効リリースしました。

知ってる方の情報おまちしてます。

…とまぁこんな感じで撃沈な釣行でした。

7月29日 網走港第5埠頭カレイ・シマソイ釣り

網走港第5埠頭この日はお出かけついでの短い時間ではありましたが、夕方の2時間程度だけ網走港で投げ釣りをしました。

場所は第4・第5埠頭のオイルフェンス近く。風が強くちょっと釣りにくい天候ではありましたが…

カレイ…
1投目数分後にいきなりアタリが!手のひらサイズでしたがマガレイが釣れ、その後も手のひらサイズ2匹と、木の葉サイズ1匹、合計3匹のクロガシラが釣れました。

今回は13号の誘導式仕掛けに流行りのイエローエッグボールを取り付けたものを使用しました。根掛かりが多いのが難点ですが、カレイにはやはり誘導式もしくは天秤が良いようです。フッキングも全て下の針でした。

さて投げ釣りのアタリを待つ間、ワームを使って防波堤下を探ってみると…

シマソイ15cm程度のシマソイが早速ヒット。タックルは紫のストレートワームを夜光ブラー10gに取り付けた物です。

シマソイこの後も同サイズが4匹ほど釣れましたが日が落ちてくるにつれてアタリが減少…夜光ワームを持ち合わせていなかったので、少し明るい赤のグラブに変更してみると食いが戻り、日が暮れてもヒットが続きましたが、結局大きめがあがらず全てリリース。

一方カレイの方はと言うと…

お星様日没と共にカレイは息をひそめ、代わりに「お星様」が釣れてしまったので納竿となりました(笑

7月17日 留萌 カレイ投げ釣り

古丹浜埠頭旭川から近い海ということで最近行くことが多い留萌港。今回はなんとかイカを釣りたいということで、まずは夜中に古丹浜埠頭でエギを飛ばしてみましたが、満潮は朝の九時近くということでイカは来ていない様子。仕方ないのでワームでソイ・ガヤを狙うものの干潮のせいか先週のようにはいきませんでした。

クロガシラ
そこで夜明けに投げ竿出して、カレイを狙ってみると、キャストしてからほどなくアタリが!…釣れたのは25センチ程度のクロガシラ。なかなかの良型です。通りがかったオジサンは「刺身で喰えるよ~」なんて言ってたので、帰って無理やり刺身にしてもらいました。…うまかったっす。

ガヤ
しかしそれから魚信はパッタリ途絶え、餌も取られない状況が続いたので、結構気に入っている南側防波堤の外側で投げてみることに。ここでもすぐにアタリがあり心躍らせながら上げてみると…またまたちびガヤです(汗。ちびのクセにえらい引きでした。
わんぱくでもいい逞しく育ってほしい…と願いつつリリース。

その後仕掛けをロストしまくり波も高くなってきたので泣く泣く撤退…。

ウグイ
諦めの悪い管理人は、場所を黄金岬横の海岸に移し再び投げてみることにしました。しかし釣れたのはウグイ…。その後2時間ほど粘ってみましたが全然魚信は無く、昼過ぎには納竿し帰路につきました。
留萌では曇り空で朝のうちだけ雨でしたが、旭川は物凄い大雨で帰ると2階の窓開いていて部屋がズブ濡れ…orz

フナムシ今回の発見…
フナムシはつぶらな瞳で意外とかわいい

…パッと見ゴキちゃんですが

7月10日 留萌港 ブラー・投げ釣り

夜明けの三泊埠頭再び留萌港へとマメイカ狙いでやってきました。今回は古丹浜埠頭の向かいである三泊埠頭で、こちらもマメイカの回遊するポイントみたいです。現地で深夜にたにさんと合流し話を聞いてみると、イカはどうも調子が悪く明け方に狙ってみるとのこと…。

しかしブラーでソイ・ガヤが好調とのことで、管理人も早速夜光ブラーにストレートのワームをセットし、ラインにルミコの赤を取り付けキャストしてみると…足元でアタリが!
ヒットしたのは20cmそこそこのクロソイでした。そのあとも足元にて同サイズのクロソイを上げたものの、夜明けと共に急に反応がなくなってしまいました。
おまけに明け方には風が非常に強くなり、エギも飛ばせない状態に。

南側防波堤外海側そこで南防波堤に移動し、テトラ間での穴釣りに挑戦。

ちびガヤ…だから親呼んできてってば(笑
小さいグラスミノーのためかこんなんばっかりです。

それじゃあカレイを…ということで投げ釣りの仕掛けに変更してみると…

マガレイたにさんが結構良形なマガレイを釣りました!しかしこやつアタリも小さく、引いていてもまるでやる気が無かったようです(笑

スナガレイそのあとも手のひら程度のスナガレイを釣り上げ、一足早くたにさんは帰路に…。

管理人の釣ったマガレイ管理人はその後も粘ってみましたが、手のひらマガレイ一匹で終了でした。

熊蜂陽気につられて蜂も寄ってくる始末…

…初めて留萌の投げ釣りで釣果が出ました(笑
留萌は意外とソイ・ガヤの魚影が濃いようで、今時期の夏場はブラーやワームでの夜釣りが楽しそうですね。
今度はソイ・ガヤメインで夜釣りに来ようかと思います。

7月2日 留萌港 マメイカエギング他

夜明け前の古丹浜埠頭留萌港にマメイカ・ヤリイカが来ているとの情報を聞き、この日は朝まずめを狙って留萌港へと繰り出しました。

7月というのに15度と肌寒い中、とりあえず投げ竿一本出しつつエギングでマメイカを狙ってみることにしてみましたが、両方とも音沙汰なし…orz

南防波堤テトラで投げ釣り周りもウグイが上がっているだけでコレといった釣果なしのようなので、6時頃に思い切ってイカはあきらめ南側防波堤に移動。しかしながらここでも投げ釣りの反応が今ひとつなので、テトラ隙間で穴釣りをしてみたところ、すぐにアタリが…!

しかし全て数十センチの放流サイズのガヤで、親を呼んできてくれと言い聞かせつつリリース(笑

結局昼近くで今回は撤収となりました。

留萌は昔から苦手な港なのですが、いつかは良い釣果を残したいものです。




フィッシャーベア Copyright (C) hiro. All Rights Reserved. Powered by Movable Type