フィッシャーベア トップへ / 釣りログ 釣行記 / 海釣り

海釣り

6月24日 留萌港三泊埠頭・古丹浜埠頭マメイカエギング

留萌港三泊埠頭・古丹浜埠頭マメイカエギング去年から数回チャレンジするものの、なかなか釣ることができないマメイカを狙ってやってきたのは、留萌港のマメイカポイント三泊(さんどまり)埠頭。

今回は魚狩団として出動です。

この三泊埠頭ですが、外国船が入っていると立ち入り禁止となります。また港内の石炭置き場の影響で、釣り場はほぼ石炭粉にまみれてます。雨などで石炭粉が水分を含むと、釣り道具や靴などが非常に汚れますので入釣される場合はご注意を。

さて、場所を運良く押える事ができた我々は、さっそくエギを準備しマメイカ釣りを開始しました。

管理人はエギングの他に、魚を餌にした浮き釣りと、カレイ狙いで投げ釣りの道具も持ってきていたので、それらを準備し終わりエギングの準備にとりかかっていると…。

今回イカ釣りは始めてと言う魚狩団sachiさんの竿になにかが掛かりました。

上げて見るとまさにマメイカ(ジンドウイカ)様が!

一同一気にテンションが上昇し、エギを一心不乱にキャストします。

そして…

マメイカ(ジンドウイカ)様

一人1杯ずつマメイカを釣ることができました。
管理人のはちびっこすぎなので2枚で(笑

しかしその後群れは去ったのか全く釣れなくなってしまいました。

雨も容赦無く降り、寒さと石炭粉でテンションも急下降…。

さてどうする?

古丹浜埠頭お昼を食って相談した結果、留萌港のもうひとつのマメイカ釣りポイント、古丹浜埠頭へ移動し様子を見てみることになりました。

古丹浜埠頭は三泊埠頭と向かい合わせになる側がマメイカの回遊ポイントとなります。この時期、休日の前夜となるとイカ狙いで多くの釣り客が訪れますが、さすがに日曜の昼過ぎとなると人も大分帰って場所も空いていました。

しかし向かい風でエギを飛ばしにくい中、キャストを繰り返しますがマメイカはなかなか掛かってくれません。

あきらめかけた頃…

なんか重いとリールを巻いていると、マメイカが掛かってるではないですか。魚と違って、イカの場合は海草が絡んだような重いアタリなので気付きにくいようです。

なにはともあれ群れが来たようで、周りでも釣れ始めました。

息を吹き返したようにやる気になる一同(笑

そしてまた管理人の竿が重くなりました! リールを巻いていくとエギにマメイカが掛かっているのが見えます…。

ところが上げる寸前でマメイカ逃走… orz

焦ってリールを早く巻きすぎたようです。

イカがエギに掛かる場合、足だけハリに絡んでいる事が多く、大きな衝撃がかかると足が切れたり裂けたりでバレてしまうことがあります。このためイカが掛かっても大アワセや早巻きは厳禁なのです。

このあと残念ながらマメイカは釣れないまま納竿となりました。

でも今回は参加者全員がマメイカをゲット。

管理人の本日の釣果は…

マメイカ2匹

三泊埠頭・古丹浜埠頭で1匹ずつの2匹でした。マメイカの釣果としては少ないのですが、初めてエギングで釣る事ができて感無量ス。

参加者の皆様おつかれさまでした。

ちなみにマメイカはお刺身でいただきました。
鮮度の良いイカは歯ごたえと甘味があって最高ですね。

6月10日 小平海岸カレイ投げ釣り

天候:晴れ

小平海岸6月に入り暑い日が続く中、今回は日本海側の小平へ魚狩団が出動です。

旭川から車を走らせること1時間半…

今日も天候に恵まれました。

ちょっと高いかも…途中立ち寄ったコンビニでは、投げ釣りのポイントに近い事もあってか、なんとイソメが売られていました。

ちなみに砂浜からの投げ釣りになる為、遠投に強い塩イソメが有利です。管理人はエビ塩でしめたイソメと、イカゴロパウダーと塩でしめたイソメの2種類を持参。

釣り場現地に到着し、手早く準備して釣り開始です。

サケ以外の砂浜での投げ釣りは初体験な管理人、とにかく「要遠投」との事前情報をもらっていたので、タックルも遠投を意識した物を準備しました。

遠投というと単にオモリを重くすれば良いと考えがちですが、そもそも飛距離を出すには振り出す時のスピードが重要なのだとか。

そんなんでオモリは、キャストするときに振りが遅くならないギリギリの重さが良いようです。重いと空気抵抗に打ち勝つので、振りが遅くならなければ重い方が有利なのです。

リールに巻くラインはなるべく細いほうが抵抗が少なくて飛距離が出るのですが、細すぎるとキャストの際に切れる可能性が出てきます。

そこで「力糸」というラインの出番です。

力糸はキャストのインパクトに耐えるため、リールのライン先端に結ぶ太いラインの事です。キャスト後の抵抗を少しでも少なくする為、太さが3号くらいから12号くらいまで変化している「テーパーライン」という専用のラインを使うのが良いと思います。

そんなんで今回のタックルは
投げ竿 4.5m
リール No.3000 ライン3号+力糸 3~12号
仕掛け カレイ・ホッケ用胴突き仕掛け 14号
オモリ 25号
…こんな感じです。

しかし、肝心のお魚はなかなか掛かってくれませんでした。

様子見ること一時間…

コレといったアタリはありませんでしたが…

イシモチ…でなかったクロガシラ

手のひらサイズのクロガシラガレイが3匹立て続けにヒット。釣り始めから一時間後の12時半頃でした。最初は白い石のような模様があったのでイシモチ(イシガレイ)かと思いましたが、後で良く見るとクロガシラ。

サイズが小さいので全てリリース。

あづいその後、他の参加者の竿にも手のひら級マガレイが掛かりましたが、その後は魚信がぱったり途切れます…

BBQ「果報は寝て待て」ならぬ「魚信は食て待て」(笑
焼肉しながらアタリを待ちます。

そんな中、たにさんの竿に強烈なアタリが!
竿のしなり具合から察するとかなりの大物。

ところが魚が根に潜ってしまったらしく、根掛りのような状態になってしまいました。

角度を変えて引っ張ったり、竿を放置したりで粘りましたが…

残念ながら魚は根から出てくる事無く、根ズレでラインが切れてしまいました。

その後、別の竿にも大きな魚が掛かったようですが、また根に潜られてしまい逃してしまいます。たにさんの話では、昨年同じ場所で45cmくらいのアイナメを上げているとの事で、おそらく逃した魚はアイナメ。

この後、夕方近くまでがんばりましたが魚信はありませんでした。

風力発電の風車帰りは景色の良い海岸線を走り、車中トークを楽しみつつ旭川へ。

最後まで天候が崩れることが無かったのが幸いス

参加者の皆様おつかれさまでした。

5月3日 増毛港~留萌港投げ釣り

魚狩団ロゴ…GWも後半に突入し、今回は魚狩団として増毛にホッケねらいにやってきました。

つりしん(釣り新聞北海道)の情報では、増毛港は一週間前ほどから釣れ始めた模様。魚狩団たにさんの情報では雄冬でも好調とのこと。

迷いましたが距離を考えた結果、増毛港に決定。

増毛港現地に到着し、早速竿を出しイソメを餌に投げてみますが魚信は全く無し…。
そこは回遊魚の難しさ、群れが来ていないと釣れないわけです。

朝のうちは群れが来たらしく釣れていたそうなのですが…。

相談した結果、留萌方面へ移動することに。

留萌港留萌港ではニシンのサビキ釣りで賑っていました。我々はカレイでもと、再び投げ竿を出してアタリを待つことに。

でも…

濁り海前日の雨降りの影響か、はたまた雪解けの影響なのか激しい濁りがあっという間に港内にひろがります。

これでは全く釣りになりません…orz

案の定、釣れるのはヒトデばっかり。

夕方を待たずして、スタコラ退却と相成りました。

無念↓

10月29日 常呂漁港サケ釣り一人旅

漁船の出撃予定が合わず一人での釣行となった今回は、先週と同じく常呂漁港でのサケ釣りです。

深夜2:30頃到着し漁港の様子を見てみると…。

先週あれだけあった跳ねは全く見られず、漁港内は静まり返っています。

そこで1時間ほどやってみてダメそうなら、網走港へサケ釣りに行っている姉夫婦と合流することにして、ダメもとで開始することにしました。

今回の使用ルアーも夜光斑点つきの赤へリン。餌は紅イカとソーダガツオを使用してみました。

期待せずに始めてみたものの、いきなり2投目でアタリが!

おまけに跳ねもぽつぽつと見られるように…。

でもアタリはあってもフッキングに至らず。

ここで予定の一時間が経過し、続けるか網走に行くか決断をしなければならなくなりましたが、アタリもあり跳ねが増えてきた事を踏まえ、活性が上がってきたと判断しこのまま続けることに決定。

でも

その後も何度となくアタリは来るのですがフッキングに至りません。

納竿した7時までで十数…いや20回以上ものアタリがあったのですが、すべて最初のちょっかいから発展しません。シーズンも終盤ということで食いが極端に落ちているのでしょうか?結局周りでも上がっている様子は無く、帰り際に一匹釣れているのを確認しただけでした。

昼まで寝袋でふて寝したあと、さっさと退却しました。

どうやら柳の下に2匹目のどじょうはいなかったようです(笑

10月21日 常呂漁港サケ釣りリベンジ

天候:曇りのち雨
潮:大潮 干潮 7:47 20:13 満潮 2:09 13:49

常呂漁港

前回仕掛けを飛ばしてしまい、無念のボウズだった常呂漁港。今回はリベンジにと仕掛けも予備を持参し、シーズンも終盤となったサケ釣りに挑むのでありました。

現地に深夜2時頃到着し、漁港の様子を見ることもなく仮眠を取る管理人。

寝袋の中で気持ちよく寝ていると…

「コンコン」

3時半頃にたにさんが到着し、たたき起こされました。

「漁港の様子はどないですか?」

「…いやすぐに寝たんで見てないんですよねーHAHAHA」

と、寝ぼけながらたにさんとすぐ近くの岸壁に確認に行くと、めちゃくちゃサケが跳ねているではないですか!

眠気もすっ飛び、たにさんとダッシュで車に戻って、釣りの準備をして早速開始です。

すると開始後すぐの4:05

「キ キター!!」

たにさんゲトーやや小ぶりですが、たにさんが雌のサケを早速釣りました。

管理人も遅れながら開始…。

しかし丁度船の出撃と重なり、サケの群れはパニック状態。いたるところで跳ね踊る姿が見えます。たにさんと相談し、船着場より離れたところへ場所を移動。

これが功を奏したのか、移動後わずか10分後の4:26…

小魚のちょっかいに似た小さなアタリが!

焦らずゆっくりリトリーブすると、やがてそれは根掛かりしたような手ごたえに変わり、すぐに激しい引きが竿を襲ってきます!!

「つ ついにモレの竿にサケが!」

すぐに頭を過ぎったのはバラシ。

上に向かってしゃくるように2度合わせを食らわせ、フッキングを確認してからゆっくりリールを巻き、魚を手間に寄せていきます。

そして…

管理人ゲトー管理人釣り人生初(笑)のサケゲットです!78cmの雌鮭でした。

感無量な管理人をたにさんが撮影。

ヒットルアーは、赤ベースに夜光の斑点がついたへリン30g。これに夜光ピンクのタコベイトを取り付け、フック上部にルミコ青(本当は赤にしたかったが持ち合わせがなかった。)をセットしました。

餌は、にんにくエビ粉で味付けした手作り紅イカ(お刺身用のムキイカを食紅とウコンでオレンジっぽい色に染めた)と、エビ塩サンマの相掛け。やはり餌は匂いを良く出す新しいうちが反応よいみたいで、イカとサンマを新しいものに取り替えると1投目にアタリがくることがちょくちょくありました。

さて、魚信はあるものの掛からなかったりバラシてしまったりと、釣れない状態が一時間ほど過ぎた5:30。ルアーをさっきの赤へリンから、赤+ホログラムのへリン30gに変えた直後、再び管理人の竿に来たアタリが、フッキングに至りました!

でもさっきより軽い?

こりゃきっと小さい鮭なんだろうと、「小さいわー」と余裕で引き寄せていると…

「ジーーーー!!!」

いきなりドラグが唸り、すさまじい勢いで魚が走り始めるではないですか!

右に左に底に…と竿は大きくしなります。

たにさんはキャッキャ言いながらその姿を撮影。

ヤバイ腕が痺れてきた…

「やばいですー!タモお願いしまっす!」

なんとか寄せてみると、デカイ!

タモに入れるのも一苦労で、数回トライしてようやく上がったのが…

ヤタ-今回最大の型となった雄鮭です!計ると80cmいってました!

しかし家に帰って腹を裂いてみると、白子はわずか…。どうやらホッチャレる寸前の鮭だったようで、まさに最後の力を振り絞ったファイトだったようです。(ちょっと感動)

キバそれにしても、雄の別名「鼻曲がり」の名の通り物凄い顔つきです。

キバなんか生えちゃってるし。

このあとたにさんも大きなアタリと共に魚が掛かるものの、痛恨のラインブレイク。映画ジョーズのブイ…ならぬウキがサケの位置を示しながら彼方へ消えていきます…。

気を取り直し、釣りを続けていると5:55頃に管理人の竿にアタリが!

今度のは元気良く水面でエラ洗いを繰り返し、さっきまでのとまた違うファイトを見せます。

カ カラフトマス!?なんと上がったのは時期外れの雌のカラフトマス!
(と思いましたが違ったようです…詳細は最後で)

どーりでサケと違うファイトのはずです。

日も上がりすっかり明るくなってきた周囲では、相変わらずサケが跳ねていますが、喰いは極端に落ちた模様…。雨も振りそろそろ引き上げ頃かなと話し始めた矢先、たにさんの竿が大きくしなりました!

それも尋常じゃない竿のしなり具合!

あわててタモを取りに行くものの、またしてもラインブレイク…

今日はなしたんだろとタックルを見ると、うわさのファイヤーライン。どうやら結び目が弱いファイヤーラインの弱点が原因っぽかったので、有り合わせでリーダーを作成してみましたが…。

時すでに遅し…、それから再び魚が掛かることなく8:30頃に納竿しました。

釣果

本日の結果は雄雌1匹、カラフト雌1匹と管理人にしては大変優秀な結果でした。

そして今回もたにさんの釣った一匹をいただくことに…あっざーっす!

このあと紋別にサンマ釣りに向かいましたが、詳細は魚狩団にて…




フィッシャーベア Copyright (C) hiro. All Rights Reserved. Powered by Movable Type