フィッシャーベア トップへ / 釣りログ 釣行記 / 番外…撃沈編

番外…撃沈編

5月3日 増毛港~留萌港投げ釣り

魚狩団ロゴ…GWも後半に突入し、今回は魚狩団として増毛にホッケねらいにやってきました。

つりしん(釣り新聞北海道)の情報では、増毛港は一週間前ほどから釣れ始めた模様。魚狩団たにさんの情報では雄冬でも好調とのこと。

迷いましたが距離を考えた結果、増毛港に決定。

増毛港現地に到着し、早速竿を出しイソメを餌に投げてみますが魚信は全く無し…。
そこは回遊魚の難しさ、群れが来ていないと釣れないわけです。

朝のうちは群れが来たらしく釣れていたそうなのですが…。

相談した結果、留萌方面へ移動することに。

留萌港留萌港ではニシンのサビキ釣りで賑っていました。我々はカレイでもと、再び投げ竿を出してアタリを待つことに。

でも…

濁り海前日の雨降りの影響か、はたまた雪解けの影響なのか激しい濁りがあっという間に港内にひろがります。

これでは全く釣りになりません…orz

案の定、釣れるのはヒトデばっかり。

夕方を待たずして、スタコラ退却と相成りました。

無念↓

5月1日 近郊ダム湖マス釣り…のはずが

近郊ダム湖マス釣りまだ氷張ってました…orz

てか去年は見られなかった看板が…

やはり去年見たものはクマーだったようです。

10月29日 常呂漁港サケ釣り一人旅

漁船の出撃予定が合わず一人での釣行となった今回は、先週と同じく常呂漁港でのサケ釣りです。

深夜2:30頃到着し漁港の様子を見てみると…。

先週あれだけあった跳ねは全く見られず、漁港内は静まり返っています。

そこで1時間ほどやってみてダメそうなら、網走港へサケ釣りに行っている姉夫婦と合流することにして、ダメもとで開始することにしました。

今回の使用ルアーも夜光斑点つきの赤へリン。餌は紅イカとソーダガツオを使用してみました。

期待せずに始めてみたものの、いきなり2投目でアタリが!

おまけに跳ねもぽつぽつと見られるように…。

でもアタリはあってもフッキングに至らず。

ここで予定の一時間が経過し、続けるか網走に行くか決断をしなければならなくなりましたが、アタリもあり跳ねが増えてきた事を踏まえ、活性が上がってきたと判断しこのまま続けることに決定。

でも

その後も何度となくアタリは来るのですがフッキングに至りません。

納竿した7時までで十数…いや20回以上ものアタリがあったのですが、すべて最初のちょっかいから発展しません。シーズンも終盤ということで食いが極端に落ちているのでしょうか?結局周りでも上がっている様子は無く、帰り際に一匹釣れているのを確認しただけでした。

昼まで寝袋でふて寝したあと、さっさと退却しました。

どうやら柳の下に2匹目のどじょうはいなかったようです(笑

10月9日 R漁港・増毛海岸サケ釣り

天候:快晴

道東を中心に大荒れだった連休でしたが、最終日に天候の回復した日本海側へサケ釣りに向かいました。

まず最初に向かったのが留萌付近のとある漁港。

少々出遅れて現地に着いたのは5時を回っておりましたが、入釣者はゼロ…。

なんかまたイヤな予感がするのですが…。

不安になりつつもウキルアーをキャストしていると、いきなりの跳ね。

しかもアタリも数回…これは期待できるんじゃないでしょうか!

でもそれから全く音沙汰無しで、8時頃にたにさんが到着。

気晴らしに投げ釣りの仕掛けをぶっこんでみたり、サビキをしてみたりしましたが、ぶっこみで釣れたのは小さなハゴトコとクロガシラ、サビキでは釣果ゼロ。

やむなく増毛方面へ場所を移動することに。

R漁港・増毛海岸サケ釣り空きスペースにてぶっこみの仕掛けを投げて様子をみます。

昼過ぎで全く期待はしていなかったのですが、周りでは数本サケが上がっていました。

小フグの猛攻に耐えながら、アタリを待つこと数時間…

たにさんの竿にアタリが!

R漁港・増毛海岸サケ釣り小ぶりですがオスのサケが見事掛かりました。

その後夕方頃に跳ねを数回目撃しましたが、アタリは無く日没後納竿。

気づけばまたしても管理人撃沈…

でも「あまり魚は食べないから」と釣れたサケを頂きました。

たにさんどうもです。。。

10月1日 常呂漁港サケ釣り

常呂漁港サケ釣り今週は常呂漁港でサケ釣りに混ぜてもらいました。

管理人は朝合流。

たにさん情報では夜釣りですでに釣れている模様。
跳ねも多数でサケの活性が高いようです。

早速ウキルアーの準備をして、暗いうちからサケ釣りを開始!

ところが第一投で、ガイドにラインが引っかかり、その衝撃でラインが切れウキとルアーがはるか彼方へ…

orz…なんか嫌な予感がするのですが

とりあえず気を取り直し他のルアーを着けてキャストを繰り返すものの、タナがとれず昆布にかかりまくりで悪戦苦闘。フカセ用のショットウキで代用とかもしてみましたが、浮力が足りないのでルアーからフカセにチェンジしたり、またルアーに戻したりと焦りからなのか終始迷走してました。

それはさておき、夜が明けると一斉にサケの跳ねが始まり、間近にサケの気配が。

常呂漁港サケ釣りそしてついに皆さんの竿にサケが掛かかりはじめます。サケ釣れてるの間近で見るのは初めてな管理人、ドラグが唸るわ右に左に魚が走るわ見ごたえ十分でした。

迷走してた管理人の竿にも「ソレらしい」アタリが数回…

いずれも焦って早合わせしたり、フッキングに至らなかったりで撃沈…

おや?

気づけばモレだけボーズでないですか!やはり最初にもってきた仕掛けが飛んでいった時点で、ボーズのフラグが立ってたようです…orz

コーシー戴いたのがせめてもの救い。
ごっそさんです。

常呂漁港サケ釣りそんなわけで今回はお魚の写真はありません。

代わりにオホーツク海の夜明けをお楽しみください(笑




フィッシャーベア Copyright (C) hiro. All Rights Reserved. Powered by Movable Type