フィッシャーベア トップへ / 雑記

雑記

ワカサギ釣りには細心の注意を

2007年01月23日

ワカサギ釣りで湖に転落し死亡 帯広の男性(1月5日)

5日午前8時20分ごろ、豊頃町内の長節湖で、結氷した湖面上を歩いていた帯広市内の釣り人(56)が、氷の下に沈んでいる男性を発見し110番通報した。池田署員らが現場に駆けつけ引き揚げたが、男性は既に死亡していた。男性はワカサギ釣りに来ていたとみられ、同署は暖気の影響で湖面の氷が割れ、男性が誤って転落したとみている。

死亡したのは帯広市の無職男性(54)。死因は凍死。

同署によると、男性が遺体で発見された5日は、湖岸付近の氷の厚さは数十センチほどだったが、湖の中心部に向かうほど氷が薄くなり、現場付近は厚さ数センチ程度の薄氷状態になっているところもあったという。

~十勝毎日新聞より抜粋~

…暖冬の影響で例年より各地の結氷に遅れが出ている様です。事故から2週間以上経過し、1月も下旬となりましたが、ワカサギ釣りの際には十分用心してください。

サンマ大量漂着、サロマ湖畔でも 低水温で全滅か

2006年12月01日

サンマ大量漂着、サロマ湖畔でも 低水温で全滅か

先月19日の知床方面に続き、サロマ湖畔でもサンマが大量に漂着する現象が確認されました。

なんでも湖畔のホテルの明かりに誘われて入り込み、明け方の低水温で全滅したのではないか?とのことですが、夏場には海水温上昇かと思えば、今度は低水温…。

今年もあと一ヶ月となりましたが、環境関連の異常と見られるニュースはこれで最後となってほしいものです。。。

近況…

2006年11月16日

管理人が運営するもう一つのサイトeXtreme!でも書いていますが、大事な友人を失いましてここ一週間は目まぐるしく過ぎていきました。

昨日告別式が終わりひとつの区切りがつきましたが、心には大きな穴があいたままのような感じがしています。

でもいつまでも悲しんでいても友人は喜ばないですし、少しずつ活動を再開してきます。

ところで、通夜が終わったあと仲間内で居酒屋に行き話をしていたのですが、ボード仲間の中にもけっこう釣りマニアがいる事がわかりました。

今季はちょっと難しいですが、来年はにぎやかな釣行となりそうです。

択捉沖で地震、道東沿岸に津波警報

2006年11月16日

択捉沖でM8.1 道東沿岸で津波観測 稚内、猿払に避難指示

人的被害が出なくて何よりでした。予想される津波の高さが低くても、潮位によっては思わぬ被害が出ることもあるそうで、油断できないです。

網走管内佐呂間町若佐で竜巻が発生

2006年11月08日

佐呂間で竜巻 9人死亡、宿舎や家屋が倒壊

北海道で竜巻が…というのも驚きなのですが、発生場所が常呂に向う時に通る場所だったので、より被害を身近に感じました。目撃者の話ではまさに一瞬の出来事だったようで、亡くなった方もなすすべが無かったのではないでしょうか…。ご冥福をお祈りいたします。

それにしても今年は、釣りを通して気象関連の異常を感じる事が多かった気がします。

一人一人が地球温暖化に対する意識を…と言うのはたやすいのですが、実質国家単位で動かなければ、どうしようもない段階まで来ているのかもしれません。




フィッシャーベア Copyright (C) hiro. All Rights Reserved. Powered by Movable Type