フィッシャーベア トップへ

2008年05月 の釣行記

2008年05月27日
5月6日 道東Mダム アメマス・ニジマス釣り

Mダム

10年前に一度訪れたことがある道東のとあるダム。そのときは全く釣れず、それ以来行く機会も無かったのですが、ニジマスが好調との話を聞き久しぶりに行ってみることにしました。

比較的小さな湖で、一見釣れそうにもない感じではありますが…。

アメマス開始早々に30cmそこそこのアメマスがヒットしてくれました。

所変れば魚も変る…この湖のアメマスは、いつも釣るアメマスよりスポットが少し大きい感じでした。

そして写真は撮り忘れたものの、この後20cm程度のリリースサイズなニジマスがヒット。

やはりニジマスは元気が良くて、体高の差なのか習性の違いなのかはわかりませんが、その前に釣れたアメマスより小さいのにえらい引きでした。

その後も数匹ニジマスが釣れた後、仲間の竿にかかったのが…

ニジマス

35cm前後のニジマス。

さらにさらに…

アメマス

そろそろ納竿という時にヒットした40cmオーバーのアメマス。ちなみにこの時、同時に管理人にも魚がかかるも、根掛りでラインブレイクというていたらくでした↓

比較的短時間の間にヒットが続き、噂通りの魚影の濃さをみせたMダム。もう少し気温が上がる頃にもう一度行ってみようかと思います。

2008年05月26日
5月5日 紋別港第3埠頭チカ釣り

紋別港第3埠頭

チカ釣りが好調な紋別港。最初第2埠頭へ向かったものの、GW中ということもあってか家族連れやらで激混み。そこでかろうじて隙間のある第3埠頭に釣り座を構えることにしました。

情報によると、毎日ではないが夕方頃ニシンの群れも入ってくるとのこと。

釣れてるチカがでかい事から、本来はニシン用に購入していた7号のサビキ仕掛けにオキアミを付けて投入していましたが…。

なかなかチカは掛かりません…。

周りの様子を見てみると、どうやらチカの回遊してる棚が非常に深いみたい。

今までチカ釣りは3.6mの渓流竿でやっていたので、こうなるとなかなか対処できなかったのですが、カレイ用の4.5mの投げ竿とリールを使って無理やり仕掛けを底に落しました。

すると。。。

チカ釣り

速攻でデカチカ(注:デカいチカ。デパチカではない)が掛かり始めました♪

それも一度のアタリで2~3匹掛かってきます。

昼過ぎに風が強くなって終了するまでに…

チカ釣り:tani

チカ釣り:hiro

2人で80匹程度の釣果となりました。
ちなみに風強くて、帰りに写真の角バケツ飛ばされちまいました…orz

2008年05月25日
5月3日 近郊ダム湖アメマス釣り

近郊ダム湖

この日は、旭川市から車で40分くらいのとあるダム湖へトラウト狙いでやってきました。

ここはアメマス・ニジマス・ブラウンが生息しているのですが、小さい湖ながらもかなりの大物が潜んでいるそうな。

今回は餌釣りでアタリを待っていると…

アメマス:taniしばらくして仲間の竿にアメマスがヒット!これを皮切りにアメマスが断続でヒットしました。

アメマス:sachiアメマスの特徴でもある白く美しいスポット。このスポットの大きさが魚の目よりも大きい場合はアメマス、小さい場合はエゾイワナと分ける場合もあるようです。

管理人的には湖で釣れたのは全部アメマスと言ってましたが、もしかしたらエゾイワナも混じっていたのかも。。。

さてさて、この日は水温が7度程度と低いせいか、釣れるのはアメマスばかりで他の魚の活性はイマイチ低いような感じでした。

3人で昼過ぎまで釣っててアメマスが10数匹。

ブラウンやニジマスは、もうちょっと暖かくならないと釣れないのかも知れません。

アメマス

2008年05月25日
3月23日 朱鞠内湖ワカサギ釣り

朱鞠内湖案内

ワカサギ釣りのシーズンも終盤となった朱鞠内湖へ再びやってきました。6匹という結果に終わった前回…、今回はなんとしても数を釣りたいと意気込んでの釣行でした。

ポイントは前回と同じ場所で。。。

今回は前回のように竿を置きっぱなしにしないで、ひたすら上下にふってワカサギを誘いました。その甲斐あってか、コツコツとしたワカサギのアタリが頻繁にきます。

口が切れないように軽く合わせて上げると。。。

ワカサギ

こんな感じでかかってます。

ワカサギは群れで回遊しているので、一匹かかってもすぐに上げないで数匹かかるまで待つのが数を釣るコツのようです。管理人は待ちすぎて、最初かかった魚に逃げられたりしましたが(笑

ちなみに撒き餌はあまり効果が実感できませんでした。ポイントと棚が合っていれば、撒き餌が無くてもガンガン釣れるみたいです。

ワカサギ釣果

今回はなんとか30数匹を釣ることに成功。まぁワカサギ釣りの釣果としては少ないかもしれませんが、釣果云々よりものんびりとした感じで釣るスタイルに魅力を感じました。

お昼

暖かいこともあって釣りながら焼肉を。
気の合う連中と食う飯は んまい。

2008年05月24日
2月11日 朱鞠内湖ワカサギ釣り

この日、釣り人生初となるワカサギ釣りに向かったのは道北朱鞠内湖。なんでも朱鞠内湖は、ワカサギの魚影の濃さ・味ともに道内屈指なのだとか。

とりあず前日釣具店に出かけて、ワカサギ用のロッド・リールセットと2号の仕掛け、そして餌のワカサギウォーム(ラビットウォームのような細めの虫)を購入し、翌朝仲間たちと一路朱鞠内湖に向かいました。

釣り場に到着したらまずはポイント探し。

やはりインレット付近がワカサギの回遊が多く、おのずと人も集まるようなのですが、ファミリーでの釣り人が多いせいか、トイレに近い場所が特に混んでいる模様。

駐車場から少々歩くポイントに釣り座を構えることにしました。

朱鞠内湖ワカサギ釣り

穴あけドリルは共用の物が湖に置かれているのですが、刃先が減っていて穴あけに一苦労。やはり用意していくに越したことは無さそうです。

穴を開けと氷すくいを手分けして終わらせたら、いよいよワカサギ釣りの開始です。

ワカサギ釣り開始

さて、ワカサギの釣り方なんですが、写真のように竿を置きっぱなしにしていてはダメだそうで、とにかく上下に動かしてワカサギを誘うことがポイントだそうな。ゆっくり上下に動かしつつアタリがきたら合わせる。そして餌はこまめに取り替えたほうが良いとの事。

…全然守ってませんでした(笑

参加者に初心者の方も多く、仕掛けの準備や餌付けなんかを手伝ってたり、写真の撮影にまわってたりと、自分の竿はほとんど置きっぱなし。。。

でもボウズの方が出ることもなく、ワカサギ釣りを皆で楽しむことが出来たので結果よしということで。

ちなみに管理人釣果6匹!(汗

帰りは幌加内の蕎麦を堪能したあと温泉へ。

蕎麦

せめて2桁釣りたかった。。。




フィッシャーベア Copyright (C) hiro. All Rights Reserved. Powered by Movable Type